facebook株の買い方教えています

フェイスブックを日記感覚で初めて、自分や家族のイベントの記事を書いては公開しながら楽しんでいます。
仕事も業界団体で働いていることから、一部の偏ったイメージを持たれているため、行政や国の機関の会議に出席して、どのような仕事をしているのかを記事に書き情報発信に努めています。
私の仕事が偏った内容の仕事だけではないということを示したいという思いもあります。
フェイスブックには写真付きで記事を投稿する場合が、反応がよく、いいねの数が100を超えてくるころには、投稿が頼みになり、同僚にヘビーユーザーと言われるほど投稿を増やしてます。
特に、子どもたちの画像付きの記事は、反響が大きく、いいねとコメントも相当数あることに興奮します。

友達も1900人あまりと増え、日本全国のみならず、海外からも友達申請がくるのも楽しみとなっています。
なかでも海外出張でフィリピンでお世話になったNGOスタッフから友達申請が届いたときの嬉しさは凄いものとなりました。

あと、先祖がペルーに移住したという話を聞いていたのですが、アルファベットの綴りで同性からの友達申請があったのもすごくうれしかったです。
フェイスブックには翻訳機能がついているので、ペルーの同性の方とやり取りして国際交流ができてる自分に熱くなりました。
それから、海外の方の友達も増え、やり取りすることで、海外の暮らしや文化に触れることがでてます。
テレビ番組でなく自分が創るSNSなので楽しさも倍増します。
日本にいて海外の友達ができ、海外の文化に触れられることの体験を子どもたちにも伝えたいと考えています。

フェイスブックでは、日本全国、各地域のイベントに触れられるのも良いです。
特に、祭りの画像は、その場で体験した気分にしてくれるばかりでなく、友達とのやりとりで様子や熱気が伝わって来た時の感動もすごいです。
いつか旅行して現地に行って体験したいと思わせるイベントも多くあり、旅行を趣味にできる時期になるまで、リストアップしておき、日本国内のみならず、海外まで旅行して、現地を直に見て、感じたいという思いにさせてくれます。

音楽イベントや勉強会の告知もあることから、ローカル新聞やローカルテレビ局ではつかめない情報もあり、自己研鑽の機会を探すのにもすごく役立っています。

フェイスブックで世界・日本の友達、友達の友達と輪が広がっていき、沖縄にいながら、日本全国と外国が体験できることに、熱い日が続きます。

更新日:

Copyright© facebook株買い方.com , 2017 AllRights Reserved.